Posted by at

2010年02月05日

椿シンポジウム

昨日、久留米の商店街にある六つ門大学にて
現在、商品化されている久留米つばきブランドの開発秘話を
お話いただきました。




コーディネーター:クルメスタイル社長 筒井氏
パネラー:久留米市農政部 みどりの里づくり推進課課長 坂本氏
     久留米地域地場産業振興センター 事務局長 上野氏
     スローフード協会筑後平野会員  弊社 社長 田中


たくさんのお客様がこられました。


3/20~、2010国際ツバキ会議久留米大会では
久留米前面にだしてアピールしたい。
名物のラーメン。B級グルメや画家さんが多いので
絵画でPR。



商品化にあたり
久留米を忘れられないものをということで考案。


香水を作りました。



1年前から資生堂さんと商品開発行ったそうです。
樹齢300年の正義(つばきの品種で赤と白が混じった椿)から抽出した(3日かかったとか・・。)
香りを元に考案された香水。



パッケージにもこだわりがあるとのこと。
箱を展開すると・・
なんと一輪の正義がお目見えするそうです。




そして、箱の中は絣模様・・。

久留米盛りだくさんのパッケージ。

そして本体です。

あけて取り出すと・・・


白い、シンプルな瓶です。

しかし・・・


底は鮮やかな赤がなんとも印象的です。


みなさんにビックリしてもらいたい思いで
制作したと上野氏。

香りも甘い香りで、
付けて30分くらいが一番いい香りだとか・・・。

かおり紙をいただきました。
いま、ペンケースに入れてこの香りに癒されています。



3/20から販売。
予約も承っているそうです。
限定7000本



昨年行われた「2009カメリアプレート創作料理コンテスト」について





124作品たくさんの応募があったのですが、
椿を使った料理(油や花や葉)というのは
レシピにひとつもなかったんです。


意外でした。


みなさん、久留米で育てられた食材を生かして
久留米のシンボル椿をイメージして
創作してもらったのです。

これは家庭料理でも楽しんでできること。

テーマを持って食卓やお弁当に一花そえることで
「食」を楽しむ、「地元」を愛する心が芽生え
次世代に伝えることもできます。



家庭でも椿を楽しむためのワンプレートやお弁当を
つくり皆様にご提案いたしました。


ワンプレートで


松花堂弁当で


お弁当にも




ブレイク!!
2009カメリアプレート創作料理コンテストグランプリ「ツバキTHEパラダイス」
久留米では知らない人はいないお菓子屋、銀のスプーンさんより椿ケーキ「正義」
試食ですicon153


「ツバキTHEパラダイス」



椿ケーキ「正義」


甘酸っぱいケーキですっきりしているので
みなさん、ペロリ。



「久留米=椿」というイメージを商品化することでPRできれば
今定着している、ラーメンやB級グルメといった「食」とも合せて
久留米の街を活性化させたいと、パネラー。


    
しかし、まだ始まったばかり。
イベント、商品、食で日常が椿になるようにしたい
自慢できることを増やして久留米を盛り上げたい。

例えば全国で2番目に酒蔵の数が多い久留米の特色を生かしたコラボ。
新幹線開通にあわせ観光。
5感で楽しむ久留米の街になれればと言われていました。



久留米にはたくさんの名物や特産品があることを
知らない人が多いです。

これがきっかけに
全国に久留米を知ってもらえるといいですね。






  


Posted by OFTスタッフ at 15:06Comments(3)イベント