2010年12月02日

お料理教室

皆さん12月に入ってしまいましたが
いかがお過ごしですか?
スタッフのHAL-aです。

今回お邪魔したのは

道の駅くるめさん presents
 収穫体験&調理体験
だよ~収穫だよ~採れたて美味しさを味わう 収穫調理体験

今回の料理教室はいつもと違う体験を!
集合した参加者の方々が向かったのは
久留米ふれあい農業公園

綺麗に整備された敷地を奥に入っていくと
見えてくるのは市民ふれあい農園


道の駅くるめさんが知識向上や野菜づくりの楽しさ、
苦労を少しでも分かるようにと敷地を借りて野菜作りをされています。
その一角でスタッフの方々の愛情をたっぷりうけて育った
ジャガイモの収穫です。
ニシユタカとアンデス(赤)
    
8組17名の参加者の方々は
宮原駅長はじめスタッフの方から掘り方を教わり
さぁ収穫体験スタートです。
 
小学生の参加者はどんどんジャガイモを見つけては
みんなで競争するかのように収穫していきます。
  

  

保護者の方々も負けじと収穫されるので
あっというまに、かごいっぱいのジャガイモが収穫されました。
 

隣の畝の大根の収穫まで始まり

2歳の最年少参加者の女の子も小学生に混じって
がんばって大根を収穫しました。

その後、道の駅くるめの研修室に戻り
調理体験スタートです。



今日の献立は

とれたてジャガイモの美味しさを活かしたヘルシーコロッケ
じゃがいもときくらげの中華いため
みずなときくらげの塩ごまあえ
きくらげゴママヨ和え

そして急遽収穫となった大根を使った
けんちん汁

4つの班に分かれて作業開始です。

ほりたてのじゃがいもは皮がありません。
泥をおとして痛んだ部分を除いてあげれば
むきたてのじゃがいもなのです。


まずは、みなさんで掘ってきた
ニシユタカとアンデス、道の駅くるめで売られているメイクイーン
この3つを茹でて何もつけずに
食べ比べをしました。

アンデスはさつまいもみたいに外側があかく
茹で上がりもさつまいものようですが、お味のほうは?

次にバターをつけて
その次はお塩をつけて

ここで、利き塩タイム!!
さて、どのお塩が一番好きですか?

お塩にもいろんな種類があります
みなさんでこちらも食べ比べ?してみました。

下ごしらえは出来ました。

調理に戻りましょう。

茹でたじゃがいもをつぶして
色んな味付けで作ってみました。
塩コショウ、バター以外に
中華味やコンソメ、鶏がらスープ
きくらげの感触を味わうために生でいれます。

油で揚げずに、片栗粉をまぶして
フライパンで「おやき」風に焼いてみました。


ここで、子どもたちはおにぎり作りに挑戦しました。
上手に三角おにぎりがにぎれるかな?


大人は細長く切ったじゃがいもと鶏のムネ肉の炒め物を作ります。


きくらげをさっとゆでたら
千切りにしてカットした水菜とあわせて塩ごまあえに

ひと口大にカットしたきくらげは
マヨネーズとすりゴマと醤油をあわせた調味料とあわせます。


そして、完成しました。

 
 

ご自分の手で収穫したものを
すぐ調理する、そしてそれをおいしくいただく。


こんな贅沢な体験は滅多にできるものではありません。
貴重な体験をした参加者の皆さんの笑顔がとても印象的でした。
 








Posted by OFTスタッフ at 09:35│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。